山本電設株式会社

0538-35-3307

2018.06.20

磐田市の感震ブレーカー設置費補助制度を活用しよう

震災の火災原因の過半数は「通電火災」

大きな地震でよくある被害が、地震時に室内の家具などが転倒する事が多いですが、実はその後の「火災被害」が目立っています。

地震で火災となる理由はなんでしょうか?それは「通電火災」が原因だと言われています。

大地震が発生すると、広範囲で停電が発生することが多いです。停電した際、ブレーカーを落とさずに避難すると、電気が復旧した時に倒れた家具の下で電化製品が作動し、それが火元となって火災が起きてしまします。

阪神淡路大震災、東日本大震災でも、火災の過半数が電気関連の火災だと言われています。

通電火災には感震ブレーカーが有効

震災が起きた時に、ブレーカーを落とす余裕はあるでしょうか?身の危険を守るのが精一杯ではないでしょうか。

そこで便利な商品が「感震ブレーカー」です。震度5強以上の地震で主幹ブレーカーを自動的に切ることができます。そんな「感震ブレーカー」ですが、2018年6月現在、磐田市で「感震ブレーカー設置費補助制度」が行われています。

静岡県磐田市の「感震ブレーカー設置費補助制度」

2018年6月現在、静岡県磐田市では「感震ブレーカー設置費補助制度」という、取り付け費用の一部を補助する制度があります。感震ブレーカーの購入費及び設置費の一部が補助されます。詳細は磐田市のホームページをご覧ください。

南海トラフ地震なども起こると言われているため、自分の建物の被害を最小限にするためにも、ぜひ「感震ブレーカー設置費補助制度」を活用し、設置することをおすすめします。

補助制度申請や報告はお客様ご自身で行っていただくようになっていますが、当社でもフォローいたしますので、お気軽に0538-35-3307までお問い合わせください。「感震ブレーカー設置費補助制度」は金額に達し次第終了となるそうです。取り付けを検討している方はお早めにご連絡ください。

補助金額の考え方

補助金額は、機器代金及び設置代金費用の2/3までとなります。(上限50,000円、千円未満は切り捨て)

例)機器代金…40,000円、取付費35,000円、合計金額75,000円の場合
75,000円の2/3に当たる、50,000円が補助されます。
この例場合、25,000円の負担で「感震ブレーカー」を設置することができます。

その他注意事項

※新築の場合は機器代金のみ
※対象者:磐田市内に住宅を所有または居住している人(アパートを含む)
※1世帯に付き申請は1回限り

最後に

南海トラフ地震なども起こると言われているため、自分の建物の被害を最小限にするためにも、ぜひ「感震ブレーカー設置費補助制度」を活用し、設置することをおすすめします。

補助制度申請や報告はお客様ご自身で行っていただくようになっていますが、当社でもフォローいたしますので、お気軽に0538-35-3307までお問い合わせください。「感震ブレーカー設置費補助制度」は金額に達し次第終了となるそうです。取り付けを検討している方はお早めにご連絡ください。

ページトップへ